現地の気候対策が重要になる!乾燥と雨に注意!

冬以外でもハンドクリームが役立つ

日本の冬は非常に乾燥します。乾燥を防ぐために保湿成分の入ったクリームやハンドクリームを使って保護するかもしれません。乾燥したままだと、ひび割れが出来たり、肌にダメージが残る場合があります。日本だと乾燥している季節が決まっているので対応しやすいです。海外旅行に行くとき、必需品とされているのがハンドクリームなどの保湿剤です。まず飛行機の中で使えます。飛行機の中は非常に乾燥しています。短いフライトなら問題ないですが、5時間以上乗るなら乾燥対策が必要です。また、現地の気候への対応が必要です。寒い地域は日本同様乾燥しています。赤道付近だと暑いところが多いですが、地域によっては乾燥しているところがあります。その場合は現地で対策しないといけません。国別ではなく、行く都市が乾燥しやすいところかどうか調べた方がいいでしょう。

地域や季節で雨具を考える

日本は、雨季と乾季が明確に分かれていません。梅雨の時期に雨が多くなる、北国で冬には雪が多いぐらいです。世界は非常に広く、地域ごとに気候や雨の特徴があります。海外旅行に行くときは、事前に情報を入手して、それに合わせた対策をしておく必要があります。東南アジアなどに雨季に行くのであれば、雨具は必須です。この時に持って行くのは合羽が良いでしょう。スコールの場合、折り畳み傘ではとても役に立ちません。合羽なら何とか水を防げます。スコールの可能性がないところなら折り畳み傘でもいいでしょう。ヨーロッパなどは日本に近い気候なので、傘の方が使い勝手が良くなります。日傘兼用タイプであれば、日差しが強い時にも使えるので便利です。