夜行バスを使った旅行の魅力や注意点について

夜行バスが安い理由とは

最近は、できるだけお金をかけずに旅行に行きたいという人が少なくありません。確かに30年前に比べると人々の所得が下がっていますので、当然旅行にかけるお金も減ってくるでしょう。あまりお金をかけたくない人のために夜行バスがあります。夜行バスは深夜の時間帯に出発をし、朝方目的地に着くのが魅力です。 夜行バスがはやっている理由は主に利便性だけでなく料金の安さも関係があります。例えば東京から大阪まで夜行バスを使う場合は安くて4000円代で行くことができます。ちなみに新幹線で行く場合は1万3千円ほどかかります。このように夜行バスが安いのは、一度にたくさんの人を乗せるからということと、乗車時間が長いからです。ただ、料金が安いほど4列シートになっていますので、要注意です。

乗車する時の注意点をしておく

夜行バスに乗車して旅行に行く場合、どのようなことに注意をしたらよいでしょうか。まず一つ目は、夜寝ることができないパターンです。夜行バスは寝ている間に目的地に着くのが魅力ですが、眠ることができなければひたすら缶詰め状態になります。そこで、夜眠りやすいように、睡眠薬を事前に持っていくとよいでしょう。 次にトイレの問題です。最近の夜行バスはトイレが車内についていますので、それほど問題はありませんが、料金が安いバスの場合は、トイレが付いていない可能性があります。この場合、定期的にサービスエリアなどに停車して休憩を行います。ですが、どうしてもトイレに間に合わない事態も考えなければなりません。できるだけ事前に飲み物を飲まないようにしましょう。